竹ノ谷 蔓牛とは

  • HOME »
  • 竹ノ谷 蔓牛とは

竹の谷蔓牛は1830年ごろに岡山県新郷村竹の谷(現在の新見市)で
生まれました。「蔓牛」(つるうし)は体格が大きく肉量も多いのが
特徴で外来種との交配がない純血種です。

「蔓牛」は、古くから地域で増体や肉質などが優れる牛を選抜してきた
優良系統牛を指し、現在のブランド和牛の基礎にもなってます。
しかし脂身が少ないことから霜降りが重宝される現代では、
赤身の多い「竹の谷蔓牛」を飼養する農家が減り、今では
岡山県県新見市神郷地区に十数頭が残るだけとなっています。

「竹の谷蔓牛」は「かめばかむほどにうま味があふれる」牛肉本来の
味のする貴重な日本古来の牛です。

tt_image

お気軽にお問い合わせください TEL / FAX 0983-27-5390

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook